研究会記録

第一回
日時 2014年6月14日(土)15:00~17:30
場所 法政大学市ヶ谷キャンパス(富士見坂校舎 F305教室)
発表 「明治前期活版小説の出版」 山田俊治(横浜市立大学)
   「ギメ美術館蔵〔読本挿絵集〕」 高木 元(千葉大学)
第二回
日時 2014年9月20日(土)15:00~17:30
場所 法政大学市ヶ谷キャンパス(ボアソナードタワー6F 610教室)
発表 「植木枝盛の読書再論」 谷川恵一(国文学研究資料館)
   「新聞」周辺の雑誌―「人情世界」「浮世の花」「平民の友」など―」中丸宣明(法政大学)
第三回
日時 2015年3月28日(土)15:00~17:30
場所 法政大学市ヶ谷キャンパス(877教室)
発表 「内田不知庵と西鶴本の翻刻―武蔵屋叢書閣版井原西鶴翻刻出版の役割と意義について」大貫俊彦(木更津高専)
   「近代前後の作者と自己言及性」ニコラ・モラール(ジュネーブ大学講師 兼 日仏会館研究員)
第四回
日時 2015年10月10日(土)15:00~17:30
場所 法政大学市ヶ谷キャンパス 858教室
発表 「明治20年代における雑誌の版権―通説を覆す―」浅岡邦雄(中京大学)
   「妖堂居士編『文壇風聞記』の刊行経緯―新聲社と田岡嶺雲―」加藤禎行(山口県立大学)
第五回
日時 2016年3月26日(土)15:00~17:30
場所 法政大学市ヶ谷キャンパス(58年館5階858教室)
発表 「紙型と異本―『徳川十五代記』『明治太平記』の刊・印・修―」磯部敦(奈良女子大学)
   「批評と誹毀の境界―ノルマントン号探検事件とその周辺―」富塚昌輝(徳島大学)
第六回
日時 2016年10月1日(土)15:00~17:30
場所 法政大学市ヶ谷キャンパス(ゲート棟G601教室)
発表 「尾崎紅葉『金色夜叉』における欧文の直訳的表現―無生物主語からみた文体特徴―」木川あづさ(実践女子大学[院])
   「和紙と洋紙のはざま」白戸満喜子(共立女子大学[非])
第七回
日時 2017年3月25日(土)15:00~17:30
場所 法政大学市ヶ谷キャンパス(富士見坂校舎F310教室)
発表 「『家なき子』の翻訳と流通をめぐって」鬼頭七美(白梅学園大学)
   「『偽り』のジュール・ヴェルヌ―英訳本との対照にみる翻訳小説」と「翻訳政治小説」のあいだ―」』大貫俊彦(千葉工業大学)
第八回
日時 2017年9月30日(土)15:00~17:30
場所 法政大学市ヶ谷キャンパス(富士見坂校舎F309教室)
発表 「幕末明治の異種百人一首」大内瑞恵(東洋大学[非])
   「明治中期における小説と口絵・挿絵の関係について」出口智之(東海大学)
第九回
日時 2018年3月31日(土)15:00~17:30
場所 法政大学市ヶ谷キャンパス(ボアソナードタワー6F601教室)
発表 「森鴎外『舞姫』の文体」多田蔵人(鹿児島大学)
   「煉瓦街の文学」ロバート・キャンベル(国文学研究資料館)
第十回
日時 2018年9月29日(土)15:00~17:30
場所 法政大学市ヶ谷キャンパス(外濠校舎S407教室)
発表 「地方文章回覧誌のブンガク―〈高小卒〉という可能態と地域社会―」木戸雄一(大妻女子大学)
   「福地源一郎と(文)学」山田俊治(横浜市大学)
第十一回
日時 2019年3月30日(土)15:00~17:30
場所 法政大学市ヶ谷キャンパス(外濠校舎S307教室)
発表 「広告とカタログでみる長谷川武次郎の出版 ―ちりめん本の出版までと大正期の木版画の輸出を中心に」大塚奈奈絵(元国立国会図書館)
   「明治の書籍流通を考える」鈴木俊幸(中央大学)
第十二回
日時 2019年9月28日(土)15:00~17:30
場所 法政大学市ヶ谷キャンパス(大内山校舎y405教室)
発表 「初代大川屋錠吉の黎明―明治二〇年代までを中心に」松永瑠成(中央大学〈院〉))
   「書店販促というメディア」山本和明(国文学研究資料館)